東京六大学は、何故、東京六大学なのか?

東京六大学野球は、

早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、東京大学の、

6校から成り、1925(大正14)年のリーグ結成以来、
ずっと同じ顔ぶれのままで固定されたまま、

今日に至っています。

そもそも、今日、広く人口に膾炙している、
「東京六大学」という名称は、

東京六大学野球の枠組みに由来しています。

では、東京六大学は、一体、何故この枠組みになったのでしょうか?

東京六大学野球の源流は、

1903(明治36)年に始まった早慶戦にありますが、

早慶戦は年々、人気を高め、両校の応援合戦は過熱し、

1906(明治39)年には、応援合戦の過激化が原因で、遂に早慶戦は、
中止の止むなきに至ります。

こうして、早慶両校は、残念ながら断絶状態になってしまったのですが、
そんな早慶両校の仲介役を買って出たのが、

新興の明治大学野球部だったのです。

明治の提唱により、1914(大正3)年には、
早慶が戦わないという変則的な形ではありますが、

早稲田、慶応、明治の3校による、

「三大学リーグ」

が発足しました。

これは、今日の東京六大学野球リーグの端緒であり、歴史的に見ても、非常に重要な出来事です。

その後、1917(大正6)年には、
明治と友好関係にあった法政大学が、

この三大学リーグに加わり、三大学リーグは、

「四大学リーグ」

となりました。

明治と法政は、元々、フランス法を教える法律学校として創立されており、

創立当初から、兄弟関係のような、
近い間柄にありました。

従って、早慶明の三大学リーグに法政が加わったのは、
非常に自然な流れだった、
という事が言えると思われます。

その後、1920(大正9)年には、

立教大学が四大学リーグに加わり、

「五大学リーグ」

が誕生しますが、

それまでの四大学とは、やや毛色が違う、
ミッション系の立教が、何故、加わったのかというと、

早稲田の重鎮・飛田穂州が、
誕生間もない立教の野球部を指導した、
という縁が、大いに関係していると言われています。

そして、1925(大正14)年、

かつて、日本球界で全盛時代を築いた、
旧制一高の流れを組む、

官立の東京大学が加わるに及び、
東京六大学野球リーグが結成、

断絶していた早慶戦も、19年振りに復活し、
以来、一度の解組も行われないまま、今日に至っています。

こうして見ると、東京六大学は、歴史的な必然として、東京六大学になった、という事が言えるのではないでしょうか。

東京六大学は、まさに絶妙の組み合わせ、だったのです。

その事は、歴史が証明している通りです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ