ノーヒット・ノーランと完全試合

東京六大学野球史上、ノーヒット・ノーランを達成した投手は、下記の通りです。

湯浅禎夫(明治) 1925(大正14)年秋 対立教

湯浅禎夫(明治) 1925(大正14)年秋 対東大

安田義信(明治) 1926(大正15)年春 対法政

東武雄(東大) 1927(昭和2)年春 対立教

中村峰雄(明治) 1928(昭和3)年秋 対法政

鬼塚格三郎(明大) 1929(昭和4)年秋 対法政

高塚誠治(慶応) 1941(昭和16)年春 対東大

藤本英雄(明治) 1942(昭和17)年春 対立教

平古場昭二(慶応) 1948(昭和23)年秋 対東大

加藤雄司(慶応) 1949(昭和24)年春 対法政

藤田元司(慶応) 1954(昭和29)年春 対東大

東実(立教) 1955(昭和30)年春 対東大

杉浦忠(立教) 1957(昭和32)年秋 対早稲田

※渡辺泰輔(慶応) (完全試合) 1964(昭和39)年春 対立教

星野仙一(明治) 1966(昭和41)年秋 対立教

横山忠夫(立教) 1970(昭和45)年秋 対東大

若松幸司(慶応) 1989(平成元)年秋 対東大

福山龍太郎(法政) 1998(平成10)年秋 対立教

木塚敦士(明治) 1999(平成11)年秋 対東大

※上重聡(立教)(完全試合) 2000(平成12)年秋 対東大

日野泰彰(立教) 2004(平成16)年春 対早稲田

竹内大助(慶応) 2010(平成22)年春 対東大

※高梨雄平(早稲田) (完全試合) 2013(平成25)年春 対東大

加嶋宏毅(慶応) 2013(平成25)年秋 対東大

六大学史上、初めてノーヒット・ノーランを達成した湯浅禎夫は、史上唯一、一人で二度のノーヒット・ノーランも記録しています。

また、完全試は、渡辺泰輔(慶応)、上重聡(立教)、高梨雄平(早稲田)の三人が記録しましたが、

上重は現在、日本テレビのアナウンサーとして活躍しています。

ノーヒット・ノーラン達成者を見ると、後年プロ野球で名を成した投手が多いのも、目に付きます。

また、東大はノーヒット・ノーランを過去12度も喫しましたが、 2013年には、史上初めて、同一年の春秋に喫してしまいました。

こうして見ると、ノーヒット・ノーランにも様々なドラマが有るのがわかりますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ