東都大学野球と東京六大学野球のライバル関係

東京六大学野球と、東都大学野球は、

実に良きライバルです。

何故なら、東京六大学野球と東都大学野球の1部リーグは、
共に神宮球場を使用している学生野球のリーグであり、

日本の大学野球をリードする存在として、
長年、共に発展してきたという歴史も有りますが、

両連盟がライバルであるという、
最大の理由は、神宮球場の優先使用権は、
東京六大学野球が有しており、

東京六大学野球は週末開催、
東都大学野球は平日開催されるという、
その待遇の差にこそ有ると、
私は思います。

東京六大学野球は、全て週末開催されるため、
学生やファンが見に行きやすく、
週末の神宮球場は、多くの東京六大学野球ファンで賑わいますが、

東都大学野球は、平日開催のため、
観客動員の面で、非常に苦戦を強いられています。

しかも、神宮球場の優先使用権は、
東京六大学野球が有しているので、
東京六大学野球の試合が3回戦、4回戦ともつれてしまうと、

東都大学野球の試合日程は、その分、
後ろにずれ込んでしまう、という事になります。

東都大学野球も、非常に面白い試合をしているにも関わらず、
東京六大学野球に比べると、

人気の面で、大きな差を付けられてしまっているのは、上記のような理由から、
致し方のない所とも言えますが、

東都大学野球の関係者やファンにしてみれば、
内心、これは面白くない、というのが本音なのではないでしょうか。

この構図は、基本的には、昔からずっと変わっていませんが、

東都大学野球は、実力の面では、
東京六大学野球には絶対に負けないようにしようと、

ますます、野球の実力に磨きをかけ、
切磋琢磨しています。

そのため、

「人気の六大学、実力の東都」

という言葉も生まれました。

セ・パ両リーグの間で、
人気の面で大きな格差があった、
かつてのプロ野球で、

「人気のセ、実力のパ」

と言われた時代が有りましたが、
東京六大学野球と東都大学野球の関係は、

かつてのプロ野球に似ているかもしれません。

このように、東都大学野球は、高い実力が有りながら、
人気の面で東京六大学野球の後塵を拝してはいますが、

全日本大学野球選手権での優勝回数では、
東都大学野球が東京六大学野球を上回っており、
意地を見せています。

以上、述べてきたように、両連盟のライバル関係に注目すると、
より一層、大学野球が楽しめる事、請け合いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ